« 第二回 湘南CS | トップページ | 第一回 黒巫女杯 »

2014年2月 4日 (火)

思ったことをつらつらと

ただの戯言なので(書いときながらあれですが)基本的に見ないことを推奨します

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

綾瀬杯・湘南CSと行ってきて本気でやるのがバカらしくなりました

今回少し遅めのデッキを握ったわけですが12戦やって4戦負けました
 
その4戦とも相手のデッキタイプは速度のあるビートダウンなんでデッキ相性は悪かったです。
 
ですが純粋に相性負けしたのは1戦だけで他の3戦はすべて同じ死に方しました。
 
 
後攻引いて相手にODビートされる
 
これですね。
 
ちなみに3戦のデッキタイプは
 
赤青Lビート
青イェーガー
リアンブレイバー
 
とバラバラでした。そしてすべてのデッキにおいてコンセプトは発動しませんでした(青イェーガーだけちょっとそれっぽい動きでしたがそもそもリンク決まる前にゲームほぼ決まってたし)
 
これデッキ組む意味なんかあるんですかね?
究極的に言えばIG3コスバニラ20、残り30枚を7コスバニラで固めた森川くんデッキでも4~5ターン目には勝つことができます
 
一応誤解なきよう書いておきますがプレイヤーを悪く言うつもりはありません
 
先2IGはルール上可能な行為ですし、外した場合きつい盤面を作られた時にチャージがなくてノーチャンになるリスクを負ってまでの行為なので相手が運なければ勝ちは余りあるリターンでしょう
 
させないような構築することも安定度外視すれば余裕ですし
 
どっちかというとクソゲーが発生しうるルールに問題があるわけですがそこは文句言ってもしょうがないかと
 
ただ参加者全員がその戦略だったら?
じゃんけんに勝った方がおみくじするだけのゲームですね
どんなコンセプトのデッキでも勝ちパターンも負けパターンも同じなんですからデッキ選択をする意味がありません
 
この2日間で参加者のプレイがそういう状況へシフトして行ってると感じ、お金払ってまで他人のおみくじ覗く趣味は僕にはないのでCS環境が劇的に変化するまではちょっとやる気がなくなった。そんな感じのおはなしでした
 
上位プレイヤーの方々がゲームして勝利をもぎ取って行ってるので、その活躍によって環境が変わっていくことを草葉の陰で見守っております

« 第二回 湘南CS | トップページ | 第一回 黒巫女杯 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1785621/54856306

この記事へのトラックバック一覧です: 思ったことをつらつらと:

« 第二回 湘南CS | トップページ | 第一回 黒巫女杯 »