« 第三回 綾瀬杯 | トップページ | 第一回 大和杯 サブトーナメント »

2013年9月 2日 (月)

第一回 大和杯 本戦

自信あったんですけどねぇ…

使用デッキ:NSC

予選
一戦目 赤黒ペンギン


ペンギン飛んで来なかったんで余裕残しながら8マナに到達。
そこからがっちり固めに入る。

VB踏むとまずい盤面でIG確認したら入ってなさそうな感じだったので殴ってみる。
何もなかったので安心してたら次のターンのIGで貂蟬めくれる。


迂闊でした。ライフにいなくて本当に良かった。
VB踏んでもケアできるマナまで行ったのでライフいただいて勝ち。

以降の試合でLRとVBを必要以上に警戒してたのこれのせいです。
試合長くなってしまって申し訳ない(ー ー;)

二戦目 白緑(黒?)ビックマナ@ふぃーゆさん


黒入ってたかちょっと覚えてないです

序盤は悪くないゲームメイクできたものの元気撃たれた辺りから雲行きが怪しくなってくる。
相手14マナからのPSアイヴィー着地効果で1にK2でかなりまずい感じに。
返しのターンでアイヴィーは処理するも次に龍膽着地で悶絶。
その後徐々に押し込まれてお互いがリシャッフル直前でライフが2の状況に。

そしてあちらのターン中に時間切れ。
向こうが次のターンリシャッフルなのでそのままエンドで辛うじて勝ち。


時間制限なしだったら押し切られて死んでましたね…

三戦目 青白リアン


リアンは手出しの1匹だけで、特にデッキ相性とか関係なく死にました。

2-1は確定抜けだったので本戦進出

本戦


一戦目 青白黒


初手が重くアド取るカードをセットし続ける辛い展開


第一のプレミ:4ターン目のエネセットでハンドがリベル×2とルクスリア、コンフロントでなぜかリベルセットという奇行に走る
次のターン相手のデカイのを返せず不必要に置きにいく羽目に


そこから攻められるもK2で誤魔化していく。

第二のプレミ:ハンドがベイン、パニクロ、コンフロ、ルクスリア、グライドで墓地にグライドないのにグライドセット


ベイン着地以外の選択肢ないので置かないか呪文セット安定でした。

結局初手から大事に抱え続けてたルクスリアはサンタクルスだけ釣ってくる弱小カードに成り果てました。

お互いライフ1でこちらデッキ5相手7でアウト勝ち不可能、唯一の勝ち筋は1枚しかないベインをトップして1枚しかない3コスIGを捲らないといけないという絶望的状況


祈りを込めてドローしたらベイン(ホイル)引いたんで叫びそうになりましたwww
そんなテンションでIGしたらアルファルド(通常)はボトムにいらっしゃいました…

これだから非ホイルは……(違う


安心と信頼の一没

今回はプレミが響いた負け方したからすげー悔しい。


次こそ勝ちたいですね

« 第三回 綾瀬杯 | トップページ | 第一回 大和杯 サブトーナメント »

Z/X」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1785621/53121604

この記事へのトラックバック一覧です: 第一回 大和杯 本戦:

« 第三回 綾瀬杯 | トップページ | 第一回 大和杯 サブトーナメント »